HOME > 生活習慣が関わる病気を防ぐ・治療する > 経鼻内視鏡

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡検査とは?

座位法による経鼻内視鏡 00_修正.jpgみなさんは、鼻から内視鏡を挿入する検査方法をご存じでしょうか?
これまで、内視鏡は口から挿入するものが一般的でした。しかし、最近では外径が約5mmの細い内視鏡が登場し、 "経鼻内視鏡検査"という鼻から挿入する方法で検査が行われることも増えてきています。

経鼻内視鏡検査は、内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどにも触れないので、経口の内視鏡検査に比べ、検査時の吐き気・不快感が大幅に軽減できることが期待されます。ある病院の調査結果によると、経口の内視鏡検査を受けた後に「もう二度とやりたくない」と考えていた人の90%以上が、「鼻から入れる内視鏡検査ならまた受けてもいい」と答えています

座って鼻からラクにできる(経鼻)内視鏡での検査になります!
まつむら胃腸科では、最新の口径4.9mmの内視鏡を使用して、皆様の負担を軽くします。

特徴

【今までの胃カメラと違い】
  1. 「おぇ~っ」という嘔吐反射、苦しさが少なく、楽に検査できます。
  2. 鼻をスプレーとゼリーで麻酔するので、のどの麻酔・鎮痛剤を打たなくてもOK!
  3. 座って検査できるので身構えず、呼吸も楽に出来ます。
  4. 鼻腔~挿入するため、モニターを見ながら会話も出来ます。
  5. 組織検査も可能です。
  6. 咽頭、喉頭ガンのスクリーニングが出来ます。
口からの挿入の場合は、物がのどを通る違和感から、無意識に吐き気をもよおします。
しかし!鼻からの挿入は、挿入時の違和感が非常に少ないので、「おぇ~っ」という嘔吐反射、苦しさがほとんどありません。

ドクターからのメッセージ



細口径の最新のファイバーを使用しますので、苦痛なく検査が可能です。
経鼻内視鏡を利用していただくことで、検査中の嗚咽などの苦しみから解放されます。また、身体にもやさしく話しながら検査をうけることができるのが特徴です。

検査の苦手な方にオススメの方法です。

体験者の声

Aさん
定期健康診断のバリウム検査でひっかかり精密検査を受けなければならなくなった。数年前、同じ理由で口から入れる胃カメラ検査を受けたことがあったが、結構辛く、またあんな思いをしなければならないかと思うと憂鬱だった。

そんな時、交通広告で鼻から入れる内視鏡があることを知り、辛くなさそうだったので、ネットで検索したら身近な施設で検査が受けられることが分かり、早速電話してみた。すでに人気が高い検査のようで、就業時間後の時間帯だと、何週間かあとまで予約が取れなかったが、迷わず予約を入れた。

検査当日は医師が「この太さと同じ管が入りますよ」と言って、スティックを片方の鼻の穴に、かなりゆっくりと挿入した。麻酔の役割もあったようで鼻の穴の感覚がうすれ、いよいよ検査台に。内視鏡はあっさり入り、鼻の穴をどんなふうに通過したかはあまり覚えていない。モニターに映し出された自分の声帯、食道、胃の内部の映像を医師の解説つきで見たのが強く印象に残っているからだと思う。

胃壁に色水を噴射して調べたり、「ピロリ菌がいるかも知れないので」と組織サンプルを採ることもできたので、管がどんな構造になっているか、胃の中でどれだけ曲がるものなのかなど医師に質問しているうちに、まったく苦しくなく検査を終了することができた。

今度の健康診断ではバリウムをやめて、最初から経鼻内視鏡で検査してくれないか、と尋ねてみるつもりです。

このページのトップへ